気になるムダ毛

ムダ毛処理は女性の身だしなみ

冬が終わって暖かくなり、少しずつ薄着になると気になるのが、体のあちこちのムダ毛です。

みなさんは、自分の体のどのムダ毛が気になりますか?ワキ・腕・Vゾーン・足などいろいろだと思います。
このホームページでは、そんなムダ毛についていろいろ話していきたいと思います。

 

そもそも、私たち女性はどうしてこんなにもムダ毛を気にするんでしょうか?

 

海外などでは、こんなにムダ毛を気にすることがないみたいです。私も見たことがあるのですが、女性の水泳選手などでワキの毛をあまり処理していない外国人の方がいたりします。
気にしない女性外国人がいるかと思えば、国によっては男性でもワキの毛や胸毛を処理する国もあると先日テレビで放送していました。

 

ムダ毛も処理しないままいれば気にならないのですが、一度処理してしまってツルツルの肌を経験してしまうと、ちょっとでも毛が生えてくるとまた処理しないととなってしまいます。あのムダ毛が生えてきかけの黒くポツポツした感じ、あれが何とも見苦しく恥ずかしいですね。

 

そしてやっぱりムダ毛を処理する最も大きな理由は「男性からの目」ですよね。
女なのに毛が生えてるよ…なんて思われてしまっては、恋に積極的にもなれませんし、男性とのコミュニケーションも苦痛になってしまいます。
やはり女として最低減のエチケットとして、ムダ毛処理を私たちはしなければいけません。

 

ワキの毛など、どうせ処理してしまうのだからいっそのこと、生えてこなければいいのにとも思ってしまいます。

 

とはいうものの、日々ムダ毛処理には注意を払わなければいけない面倒なもの。
ムダ毛処理が当たり前の日本にいる限り、ムダ毛をそのままにしておくわけにはいきませんよね。

 

世間の女性たちはどのようにしてムダ毛処理をしているのか、
またお勧めの処理方法や注意点などについても触れていきましょう。

 

自分で処理するならお勧めは抑毛ローション

ムダ毛処理に抑毛ローションがお勧め

自宅で自分のペースで処理できるカミソリや脱毛器。
色んなムダ毛処理の選択はありますが、どれも大事なのはアフターケアです。アフターケアを怠ると、肌荒れやカサカサ肌などの様々なトラブルの元に。

 

ムダ毛を処理した後の肌は乾燥してダメージを受けているので、保湿が何より大切です。
そんなときに普通の化粧水を使うのも問題ありませんが、せっかくムダ毛を処理しているなら「抑毛ローション」を保湿に使うのがお勧めです。

 

保湿をしながら、ムダ毛の再生を少しずつ遅らせていける賢いやつです。
使ってすぐに毛が無くなるというものではありませんが、継続的に使うことでムダ毛がどんどん少なくなって目立たなくなっていきます。
そうなれば処理する頻度も減るので、結果的にお肌が綺麗になるという嬉しい効果もあるんです。
あなたのムダ毛処理に1本、抑毛ローションをラインナップに加えてみると、半年後1年後のお肌が変わりますよ。

 

2014/07/08 12:54:08 |

ムダ毛処理の方法は

  1. 毛抜きや電動脱毛器で抜く
  2. 剃刀で剃る
  3. 脱毛エステや美容脱毛に通う

の3つがメジャーどころですが、それぞれに一長一短の特徴があります。

 

1の場合は剃刀で剃るよりも毛が生えてくる周期が長く、生えてきたときにチクチクすることも少ないですが、埋没毛になったり、皮膚が傷ついて炎症や色素沈着を起こしたり、毛穴がぶつぶつと出っ張ってしまったりというデメリットが多いのが難点ですね。

 

2の場合は、手軽で時間もかからずすぐにできますが、毛が生えてくる周期が短く、色素沈着を起こしてしまったり、生えてきた毛がチクチクジョリジョリしたり、あるいは切り傷を作ってしまいそこから化膿してしまうこともあるので、安全面での配慮が必要です。

 

3の場合は1,2に比べコストはかかるりますが最も完全に脱毛でき、肌にも一番いいです。脱毛期間中も毛が生えてくる期間が1〜2か月と長く、色素沈着も起きないため(むしろ肌がきれいになります)、完全な脱毛を望むなら脱毛しかありません。
ただ、脱毛エステで脱毛するのと、美容外科などで脱毛するのとでは様々な面で違いがあるので、そこは予め確認しておく必要がありますね。

 

そしてあまり主要ではないかもしれないが第4の方法としてワックス脱毛というものがあります。

 

ドラッグストアなどでもワックス脱毛のシートが売ってますが、市販のものだとしっかり抜けきれない!という人には是非ワックス脱毛専門店に行ってみることをおすすめしたいです。
むしろ自分でやるのは肌にダメージが残ったり、埋没毛ができてしまったりするので、一度はプロにお願いするのがいいと思います。

 

レーザー脱毛のように根本から毛をなくすわけではありませんが、一時的な脱毛としては一番即効性がある方法です。
価格も5000円程度からあり、専門の技術を持ったスタッフが丁寧に脱毛してくれるため、毛の抜き残しもほぼありません(毛が短すぎたりすると抜けないので注意!)。

 

そして、一番の利点は自己処理ではなかなか手を出しにくいVIOラインもきれいにつるつるに抜いてもらえるということです。夏が近くなり、時間をかけてレーザー脱毛などをするほどの余裕がない!というときにはワックス脱毛は一番良い方法かもしれません。

 

ただし、一時的にムダ毛を抜く方法ですので、エステなどでの「脱毛」とは違うので、あくまで緊急性の高いときに自分でやるよりきれいにしたい!というときに利用するのがいいと思います。

2014/04/21 16:11:21 |

ムダ毛処理で、永久脱毛をしたいけれど部位が部位だけに恥ずかしい、デリケートゾーンの脱毛でお悩みの方、いらっしゃいませんでしょうか。

 

いわゆるVIO脱毛と呼ばれる下腹部や肛門周辺のムダ毛は、自分でも処理をしにくい箇所なのですが、他人にお願いするというのも恥ずかしく、迷う気持ちはよくわかります。

 

ですが、これらの脱毛は多くのサロンやクリニックでは、下着をなにも付けずに、開脚だとかの恥ずかしい体勢を取らずに済むよう、工夫してくれています。

 

前部分の処理の場合、三角形部分が狭い下着をつけ、右側を処理するときは三角形を左側に上げ寄せ、反対側を処理するときは、同じように下着を邪魔にならない方法によせて、レーザーやフラッシュを当てるので、常に半分ほどは隠れています。

 

Oライン脱毛の場合は、下着を脱いでうつ伏せになったり、四つん這いになったりと色々あるようですが、なるべくタオルで隠してくれたりする、工夫をしてくれます。

 

とはいっても、Oライン脱毛は珍しいものではなく、すでにポピュラーなものとなっています。
施術する方もプロとして見慣れていますので、事務的に処理を進めてくれますから変に意識をしなければ、恥ずかしさもその時限りです。
お店によってやり方や施術方法は異なりますので、前もって確認しておけばもっと安心でしょう。

 

最近ではVライン脱毛はサロンでも人気が高く、下着や水着からアンダーヘアがはみ出すことがなくなるので、非常に満足度も高い人気の脱毛部位となっています。

 

VIOラインを最初からするのは抵抗があって…、という女性は、まずはVラインから処理を始めてみてはいかがでしょうか。想像以上に恥ずかしさも無く、ごく普通に施術をしてもらえるんだと実感が出来るはずです。

 

ちなみにですが、私が通っているミュゼではVIOの脱毛(ハイジニーナプラン)が常に人気のTOP3に入っているそうですよ。

2014/04/20 15:14:20 |

家庭でセルフ脱毛を行う場合、正しい方法で行わないと肌荒れや色素沈着などの肌トラブルを起こしてしまう場合があります。
そんなリスクを出来るだけ回避するのに適しているのが、家庭用脱毛器です。

 

家庭用脱毛器にはいくつかの種類があり、それぞれ肌への刺激やダメージの度合いは違いますが、どのタイプもカミソリや毛抜きで脱毛を行うよりも肌に負担が掛かりにくいため、肌の弱い人や敏感になっている時期でも安全に使用することができます。

 

中でもお勧めなのは、フラッシュ式の脱毛器です。
フラッシュ式の脱毛器の最大のメリットは、何と言っても肌にダメージが少ないということでしょう。

 

光を当てるだけで済ませられますから、毛抜きやカミソリのように直接肌に刺激を与えず、摩擦や刺激による肌トラブルを避けることができるのです。
脱毛サロンよりも最大出力が低いものが多いですが、それでも効果は十分に感じることができます。

 

出力を自分で調整できるものもありますから、敏感肌の人でも安心して使い続けることができるんですよ。
価格はメーカーによって違いがありますが、高いから効果も高いというわけではありませんので、
脱毛の効果や使いやすさ、どの部位に使用できるのかなど細かい情報を比較して購入することをおすすめします。

2014/04/10 16:20:10 |

脱毛で一番気になるところはワキ毛の処理です。
夏以外は隠せるところなのですが、夏にノースリーブを着て電車やバスに乗ったら丸見えです。
ジャケットを脱がなければならないぐらい急に暑い場所に行った時も心配。

 

ですので、小まめにお風呂でシェーバーを使っているのですが、意外と伸びるの早いんですよね。
おまけに剃りたてはいいのですが、生えてきたときかゆくなるし、何と言ってもブツブツが黒くて汚い。
思いついたのが毛抜きで抜く方法。これだと見た目もかなりキレイになりますが、けれどやっぱりいつの間にかまた生えてきてしまいます。
色んな手段で脇毛処理を試してはいましたが、どれも手間が掛かる割にはすぐに生えてきてしまうのがストレスでした。

 

あまりお金を掛けたくはなかったのですが、思い切ってエステサロンへ脱毛体験に行ってきました。
最近、流行の光脱毛って、本当に痛くないんですね。パワーが何段階かあるそうで、徐々に強めて行くとのこと。
ワキに冷却ジェルをたっぷり塗って、ピカッピカッとマシンを充ててていくだけ。両脇で5分とかかりません。

 

あとは冷やしたタオルをしばらくのせてまた5分程放置しておしまい。
当日はシャワーだけにすることと、アルコールはなるべく控えるようにとのアドバイスをもらって帰りました。
何度か通わなければ完全にはなくならないのですが、安くて早い光脱毛をもっと早くからやっておけば良かったと思うぐらい満足しています。
脇の処理に面倒を感じている女性は、脇だけなら安く出来るので脱毛に行くと楽ですよ。

2014/03/18 18:14:18 |

お肌の露出が多くなるこれからの季節、女性にとってムダ毛の処理は悩ましいものだと思います。

 

脱毛サロンなどで永久脱毛すれば、その悩みからも解放されるのでしょうが、経済的にも時間的にも難しい人も多いのではないでしょうか。

 

自分でムダ毛の処理をする場合、市販の脱毛器機や、ドラッグストアなどで手に入る除毛フォームを使うなど、いくつかの方法がありますが、ここでは一番身近なカミソリによる処理方法について記したいと思います。

 

カミソリで処理する場合、お風呂に入るついでに剃る場合が多いでしょうが、カミソリの刃でうっかりお肌を傷つけてしまったり、処理して時間が経つとお肌が乾燥して肌荒れを起こしてしまうなどのトラブルが起きてしまうことがあります。

 

カミソリで処理する際のポイントは、まず何よりも、しっかりと泡立てた石鹸などで処理する部位を保護することです。
時間がないから、面倒だからといって直接カミソリの刃をお肌にあててしまうことは、お肌を傷つけてしまう原因となります。
ですから、お肌の水気を軽くふいてから、石鹸の泡でしっかり保護して剃るようにしましょう。

 

次に大切なのは、処理した後のお肌のケアです。
剃った後をそのままにしてしまうと、お肌の乾燥の原因となってしまいます。
ですから、お風呂上がりには、保湿クリームなどでしっかりとお肌を保湿するようにしましょう。

 

これら二つのポイントを意識するだけで、カミソリ処理後のお肌は格段に違ってくると思います。
ぜひ、実践してみてください。

2014/03/17 19:44:17 |

私のムダ毛処理は、電動のものを使っています。
独身時代に脱毛にお金を費やしている人もいましたが、「もったいない」と思い、どこも脱毛していません。今となっては、脇くらい脱毛しておけばよかったかなと思いますが・・・。

 

顔は、フェイスシェーバーで週一回、足と脇は気づいたときにシェーバーで処理しています。
抜いたりすると痛そうなので、全部普通の電動かみそりタイプのものです。
顔は、HITACHI フェイスシェーバー BM-550-Pです。
もう10年以上同じものを使っています。
刃を替えた方がいいのかな、と思っていますが、本体を替えるのとそんなに金額が変わらないかも、と思うと壊れるまでこのまま使ってしまいそうです。

 

脇は、ブラウン レディーシェーバー シルク・エピル レッグ&ボディ LS5500R です。
家電量販店で、なんとなく買ったものですが、特に問題なく使っています。
以前使っていたものより、脇のへこんだ部分などもうまく処理できている気はします。
足は、ノーブランドで、実家からもらってきたもので、こちらももう10年以上使っています。
長めの毛と、短い毛を処理する2種類の歯にわかれているタイプのものです。
フェイスシェーバーは毎週使っていますが、足と脇は、冬場などはついついさぼりがちになってしまいます。

 

カミソリを使ってちょこちょこ自分で剃るよりかは楽ですけど、やっぱり若い頃に最低限の範囲でいいので脱毛しておけばよかったと、最近になって強く思うようになりました。

 

というのも結婚して子供もできると、自分にかける時間が大幅に少なくなるんです。
それはともすれば、自分磨きに掛けられる時間もお金も減るということです。
だからこそ、独身時代の比較的自由なときに脱毛をしておくのは、今考えると効率的だったなと思っています。

2014/03/11 19:24:11 |

以前は、ムダ毛の処理は自分が恥ずかしいからするんだという認識でした。
でも、大人になると、ちょっと考えが変わってきました。ムダ毛の処理って、エチケットだったんです。

 

特に男性が気にしやすい指の毛。
この部分に毛が生えたままでいると、なんとも嫌な気分になる男性が多いそうです。きっと、女性の指に毛が生えているという状態が、受け入れがたいんでしょうね。

 

同じ理由で、鼻の下に生えてくるヒゲも、不快感を与えやすい部分です。
腕の毛はあまり気にしないという人も多いですが、やはり、半袖やノースリーブを着るときは処理したほうが無難です。薄くて細いならいいですが、一般に日本人の場合は黒くてけっこう目立つ場合が多いので、そのままにしていると「げっ」と思われかねません。

 

一番気をつけなくてはいけないのは、ワキとスネでしょうか。
指や鼻の下と同様、この部分に毛が生えっぱなしというのは、女性としてちょっとまずい状況です。ワキはにおいの原因にもなるので、特に夏場はこまめに処理したいものです。

 

処理をするときは、できればプロに任せたほうが安心。でも、お金はかかるし、何度も通うのは大変・・・という場合は、お肌を傷つけないようにじゅうぶん注意しながら除毛や脱毛をしたいものです。専用の保護クリームもいろいろ出ています。

2014/03/02 19:19:02 |

ムダ毛処理のなんとめんどくさいこと。できれば放置しておきたいところですが、そうもいきませんね。
ムダ毛処理というのは、お肌にとても負担がかかり、色素沈着や炎症を起こしてしまったりと、お肌にとってはあまりいいことではありません。
処理した後のケアきちんとしておくとお肌を美しく保つことができるので念入りにしておきましょう。

 

カミソリや電気脱毛器、脱毛テープや除毛クリーム、カミソリなど除毛をする時に使う道具は人それぞれだと思いますが、処理後は共通して、お顔の時と同じように化粧水をたっぷりとつけてあげます。
コットンを化粧水でヒタヒタにさせたものでパックをするとより効果的で良いでしょう。

 

その後はしっかりと保湿してあげます。自分の肌に合った保湿液や乳液などをお使い下さい。
夏には日焼けもすると思うので、日焼けの炎症を抑えるものや美白効果のあるものを使うとスベスベとした綺麗な脚を保てます。

 

処理をする際に、石鹸であったりクリームであったり、滑りや肌の負担を軽減するために何かしら使用すると思うのですが、その時に使用するクリームなどはきちんと洗い流すようにして下さいね。
肌に薬品などが残るとムダ毛処理をする以上に肌に負担をかけてしまうことがあるので、注意です。

2014/02/26 19:15:26 |

いつもすべすべの肌でいたいので、できるだけムダ毛の処理には気を配っています。
今までムダ毛の処理は色々と試してみたのですが、今はカミソリでの処理に落ち着きました。

 

以前は、毛抜きや脱毛テープ、脱毛ワックス、家庭用脱毛器など様々な脱毛方法を試してみましたが、処理している時に肌に痛みがあったり、肌が赤くなってしまったりしたので長く続きませんでした。

 

家庭用脱毛器を試したのは20年以上前ですが、その頃の家庭用脱毛器はムダ毛を引っ張って抜くタイプの物だったので、とても痛かった事を覚えています。
痛みを感じながら処理を続けたら、きっと肌にダメージが残ってしまっていたと思います。

 

今の家庭用脱毛器は以前に比べて性能がいい物ばかりなので、ぜひ試してみたいという気持ちがあります。
ムダ毛をエステのように脱毛する機能が進化しているのは当然ですが、高性能な美顔器としても使える脱毛器があるほどで、売れているのも納得です。

 

現在は、入浴する時にカミソリで腕や足、脇の下のムダ毛の脱毛をしていますが、時間もかからず綺麗に剃る事ができて気に入っています。
カミソリでの処理の困った所は、出来るだけ頻繁に処理をしていかないと、すぐにムダ毛が目立ってしまう事です。
この点を考えても、家庭用脱毛器は魅力的だと思うので真剣に購入を考えたいと思います。